Thursday, November 10, 2005

賛成しますか

賛成しますか?
成田東四丁目地区「地区計画」の導入!
公募委員8名中7名が反対している事実を隠しています 今ならまだ間に合います!反対なら大きな声を

成田東4丁目の阿佐ヶ谷住宅建替えにあたり「周辺を含めたまちづくりについては、広く区民の意見を問う必要がある」と法律に定められた手続きのもと 『成田地域まちづくり協議会』が設置されました。しかし、協議会委員の中で区民の代表と言える公募委員が出した反対意見や代替案の数々は採用せず、関係者への報告書にはその重要性を無視していると言っても過言でない状態です。そればかりか、区と阿佐ヶ谷住宅側は「最終的には委員の合意があった」と結論づけ、事実を曲げて周辺住民の皆さんに報道しています。
この様にしてまで強行しようとしているこの計画の内容を、皆さんは知っていますか?

阿佐ケ谷住宅は1958年(昭和33年)に入居が始まった日本住宅公団の分譲住宅です。
つまり、私有ということです。当然のことながら、法律に基づいた個人住宅の建替えに周辺住民は文句を言うことは出来ません。ですから、老朽化して耐震等に問題のある阿佐ケ谷住宅が美しく生まれ変わるための建替えをすることに、私たち周辺住民も大賛成です。
ところが、出された建替案はあまりに周辺住民を無視した6階高層マンション群でした。
概要は以下の通りです。

阿佐ヶ谷住宅建替え計画の概要

現況
計画敷地面積 約48,20
0平方m
構造·規模(既存不適格)地上4階
戸数350戸 平均約50
平方m
延床面積·法定約17,300平方m
駐車台数153台

阿佐ヶ谷住宅計画
計画敷地面積 約43,300平方m
構造·規模(既存不適格)地上6階
戸数620戸 平均約80平方m
延床面積·法定約54,300平方m
駐車台数370

阿佐ケ谷住宅はつい最近まで一戸あたり800〜1000万円で売買されていたそうです。ところが、建替え後には一戸あたり5000〜6000万円での売り出しが予定されているとのことです。阿佐ヶ谷住宅の現状は、 大企業の法人所有者が65%以上あり、個人所有者の中には2〜3戸を所有する方や、所有権を持っていても実際には居住していない方が多くいます。マネーゲームに参加せず、建替えの後も居住者として残る方の人数はいったい何人になるのでしょうか?
大企業の金儲けのためとも言える大建築は、周辺住民として断じて許せません!
私たち【阿佐ヶ谷住宅高層化など反対協議会】は、団地住民と周辺住民の共に住み良い環境作りを唱えています。
今の計画のまま素案が作成されると、所有者のほとんどを占める大企業の金儲けのために周辺住民が多大なる犠牲にさらされることになります。皆さんはこれで納得されますか?
建替えのために区がわざわざ地区計画の緩和型を導入し、建物の高さと容積率を緩和することで、第一種低層住居専用地域に6階建てマンション群を建設しようとしています。善福寺川緑地帯に隣接している緑豊かな住環境をわざわざ破壊し、長年住み、これからも住み続ける周辺住民へ多大な犠牲を強いる様な計画を見逃すことはできません。

建替えによる様々な問題点

1)約400台という車両増にも関わらず、交通量調査すら行わないで周辺道路の整備も一切される予定もない。 杉並第二小学校、東田中学校、杉並高校の児童生徒の通学路 でもある周辺道路への、車の進入による渋滞や危険が増大することへの対策がなく、安全確保の見通しが全く立っていない状態である。これは、周辺地域の住環境を著しく悪化させるだけでなく、住民を危険にさらすことになる。

2)地区計画の導入により、建物の高さと容積率が大きく緩和されることで6階建てマンション群が建設されると、第一種低層住居専用地域である地域一帯の良好な住環境が破壊される。住宅の資産価値が下がることの保障もありません。
①景観の悪化②緑の減少③電波障害による携帯電話やテレビの受信不能地域の発生
④日照問題や風通しの悪化⑤ヒートアイランド現象の発生

3)開発によって地下水脈が断たれる可能性も高く、ボーリング調査などの検査結果の情報公開もされていない。 井戸を使用している周辺住民の生活を脅かし、水枯れや地盤沈下で家が傾く恐れなどの多大な影響を及ぼすと思われる。

4)特に阿佐ヶ谷住宅の東南側では火災が発生した場合に周辺住宅の消火活動が、現状に比べ大変やりにくい計画となっています。地域の大火災につながる危険があります。

5)阿佐ヶ谷住宅建替えとほぼ同時期に荻窪団地、松の木団地、三井グラウンド跡地等の建替え計画が進んでおり、杉並区の大幅な人口増加が予想されています。病院、老人介護施設は現在でも不足しており今後の人口老齢化問題、これから問題が生じるであろう保育園、幼稚園、小中学校対策については何の対策も示されていない。

地区計画の基本姿勢(杉並区発表)を大きく無視して計画推進

姿勢1)誰もが暮らしやすいまちを創る
まちの主人公である区民が『住んでいて良かった、今後とも住み続けたい』と思うまちをつくることが基本である。
①住環境の形成、保全及び公共施設の整備など周辺地域のまちづくりを勘案し、周辺市街地に及ぼす影響に充分配慮し調和する計画とすること。
②具体的には公園、緑地、広場、その他の公共空地の保全と継承、境界部分の建物高さの抑制、スカイライン形成、配置、形態、緑化、植栽、また交通補完施設、中水道施設、雨水貯水槽、ごみ処理、防災への対応、風通し、福祉施設、地域コミュニティ施設、地下水、地盤沈下等々対策を決める。———全く不備のままである。

姿勢2)区民の参画を基本としてまちづくりを推進する
まちづくりに関する具体的な計画の段階からその現実にあたっても、区民の参画を基本としてまちづくりを進めてゆく。———と発表しているが、区民の意見は無視して建替えの素案を作成しようとしている。

再三にわったて協議会や説明会で出されている多くの疑問点や矛盾点などが解明されないまま、区は地区計画導入の素案を作成しようとしています。
このため、今回初めて私ども主催で「区への質問をする会」を開催します。
疑問をお持ちの周辺住民の皆様は、是非ご出席下さい。
阿佐ヶ谷住宅高層化など反対協議会

阿佐ヶ谷住宅高層化など反対協議会の
区への質問をする会
開催日時:平成17年12月10日(土)
午後7:00〜9:00
開催場所:区立産業商工会館地下1階
第一集会室
杉並区阿佐ヶ谷南3−2−19

お問い合わせは 090-5795-0137


Sunday, November 06, 2005

知っていますか?

知っていますか?
成田東四丁目地区「地区計画」の導入!
公募委員8名中7名が反対している事実を隠しています


成田東4丁目の阿佐ヶ谷住宅建替えにあたり「周辺を含めたまちづくりについては、広く区民の意見を問う必要がある」と法律に定められた手続きのもと 『成田地域まちづくり協議会』が設置されました。しかし、協議会委員の中で区民の代表と言える8名中7名の公募委員が出した反対意見や、代替案の数々はほとんど採用せず、関係者への報告書の中でもその重要性を無視しています。そればかりか、区と阿佐ヶ谷住宅側は「最終的には委員の合意があった」と事実を曲げて報道しています。
この様にしてまで強行しようとしているこの計画の内容を、皆さんはご存知ですか?

阿佐ヶ谷住宅の現状は、 法人所有者が65%以上あり、個人所有者の中には2〜3戸を所有する方や、所有権を持っていても実際には居住していない方が多くいます。その建替えのために区が地区計画を導入し、建物の高さと容積率を緩和することで、第一種低層住居専用地域に6階建てマンション群建設が予定され、現況350戸を620戸に増やし、約400台の駐車場計画が立てられています。善福寺川緑地帯に隣接している緑豊かな住環境を、わざわざ破壊する様な計画を見逃すことはできません
私たちは、建替え自体には反対しませんが杉並区の提案に、以下の理由から反対しています。皆様の住環境を守りましょう!

交通事故 渋滞発生
1)約400台という車両増にも関わらず、交通量調査すら行わないで周辺道路の整備も一切される予定もない。 杉並第二小学校、東田中学校、杉並高校の児童生徒の通学路 でもある周辺道路への、車の進入による渋滞や危険が増大することへの対策がなく、安全確保の見通しが全く立っていない状態である。これは、周辺地域の住環境を著しく悪化させるだけでなく、住民を危険にさらすことになる。

          住環境の破壊と資産価値の低下
2)地区計画の導入により、建物の高さと容積率が大きく緩和されることで6階建てマンション群が建設されると、第一種低層住居専用地域である地域一帯の良好な住環境が破壊される。住宅の資産価値が下がることの保障もありません。
  イ、景観の悪化 ロ、緑の減少 ハ、電波障害によるテレビ、携帯電話の受信不能地域の発生 ニ、日当たり、風通しの悪化 ホ、ヒートアイランド現象の発生が確実です。

          地盤沈下で家が傾く 水も枯れる
3)開発によって地下水脈が断たれる可能性も高く、ボーリング調査などの検査結果の情報公開もされていない。 井戸を使用している周辺住民の生活を脅かし、水枯れ、地盤沈下で家が傾く恐れなどの多大な影響を及ぼすと思われる。

          人口増加に対して無策
4)阿佐ヶ谷住宅建替えとほぼ同時期に荻窪団地、松ノ木団地、三井グラウンド跡地等の建替え等が進んでおり、杉並区の大幅な人口増加が予想されています。病院、老人介護施設は現在でも不足しており今後の人口老齢化問題、これから問題のでる幼稚園、小中学校対策に所轄が違うとの理由で何ら対策が示されていません。

地域防災の悪化
5)特に阿佐ヶ谷住宅の南側では火災が発生した場合に周辺住宅の消火活動が現状に比べ大変やりにくい計画となっています。地域の大火災につながる危険があります。

         問題点は無視
6)住民説明会や協議会などで出た多くの疑問点が解明されていない。
【疑問点の例】
*協議会においての回答では、地区計画導入は未定であるはずが、既に導入決定として着々と詳細計画が作られているのはなぜか?
*地区計画には規制型と緩和型があり、どちらを採用するかの議論もされないのはなぜか?

『静かな時限爆弾』と呼ばれるアスベスト
知っていますか?  区のアスベスト対策対応を
  自分と子供達の健康を守りましょう!!

阿佐ヶ谷住宅の建替えは、杉並区のまちづくり推進課が説明会まで開催するほど区政が関わっています。しかし、アスベスト対策については「建替えを行う阿佐ヶ谷住宅の責任で、区としては阿佐ヶ谷住宅側に適切な対応を促すのみ」とまちづくりニュースには記されており、説明会においては、同じ理由で「区の関与はいっさいしない」と明言しています。これではあまりにも無責任です。
阿佐ヶ谷住宅350戸もの解体作業ともなれば、区が率先して周辺住民である区民の安全と安心の確保に責任を持つべきではないでしょうか?
昨今ニュースなどで毎日のように取り沙汰されているアスベスト(石綿)の怖さは、飛散しても分からない上、少量のアスベスト吸入でもガンなどの病を発症することです。最初のアスベスト吸入からおよそ40年前後の潜伏期間を経て肺がんや悪性中皮腫といったガンを発症することが分かっています。最近では、職場でアスベストを扱っていた人の衣服に付いたアスベストを吸入して、家族が発症している例も確認されています。
行政の対応を見守り、未来を担う子供達の健康と命を守りましょう。



阿佐ヶ谷住宅高層化など反対協議会の
説明会
開催日時:平成17年10月23日(日)
午後6:00〜8:00
開催場所:杉並区立産業商工会館
第一集会室
杉並区阿佐ヶ谷南3−2−19
TEL:03−3393−1501